ドイツの大学への出願準備

ドイツの大学への出願準備 出願準備

ドイツの大学に出願するための準備に関することを解説していきます。語学試験、履歴書などなど、用意するべきものが多いので、しっかり体勢を整えましょう。

ドイツ語試験

TestDaF デジタル形式ってペーパーとどう違うの?

ドイツの大学に正規留学するにあたって、TestDaFは多くの人が受験するドイツ語の試験です。2021年11月24日、東京ゲーテにて日本で初めてデジタル形式での開催になります。今回はデジタルのTestDaFってどんなのっていうテーマで、ペーパーとの違いなども盛り込んで記事を書きました。
出願準備

予定をしっかり組み立てよう!ドイツの大学出願スケジュール管理

これまで解説してきた、ドイツの大学へ出願するために必要な手続きや語学試験などはどれぐらいの時間を見積もってこなせばいいのか?一通り体験した僕の体験から、理想的と思われるスケジュールを算出してみました。
出願準備

運命の結果発表!合否通知を受け取ったらすぐにやるべきこと

ドイツの大学に、uni-assistでの審査を経由して出願したら、大学から合否通知が届きます。合格、仮合格、不合格と、明暗が分かれるところですが、それぞれの結果を受けて、それからどのように振舞ったらいいのかを解説します。
uni-assist

ドイツ国立大学出願の山場!uni-assistの審査を乗り切ろう⑤ Vorprüfungsdokumentationの罠

uni-assistで出願書類が審査され、出願資格を満たしていると判断されると、審査結果である"Vorprüfungsdokumentation(VPD)"なる書類がPDFで届きます。一部大学では、これと共に今まで集めた出願書類を大学に!出願期限までに!郵送しなければいけないのです。ということでそんな方のためにVPDの取り扱い方について解説します。
uni-assist

ドイツ国立大学出願の山場!uni-assistの審査を乗り切ろう④ 出願後の経過観察

uni-assistにすべての出願書類を提出すると、まず出願資格を満たしているか審査にかけられます。書類不備を通知されたらすぐに対応しましょう。ここまでを終わらせると、ほとんどの人は晴れて自由の身です!
uni-assist

ドイツ国立大学出願の山場!uni-assistの審査を乗り切ろう③ 支払いと出願

uni-assistで大学を選んだらいざ出願です。審査料金を支払い、オンラインで申請が終わったら紙の状態で書類をいくつか送らなければいけません。これが終わればほとんどの人は結果を待つだけになるので、もうちょっとだけの我慢です!
uni-assist

ドイツ国立大学出願の山場!uni-assistの審査を乗り切ろう② 大学を選ぼう!

ドイツ国立大学出願時の書類審査機関、「uni-assist」で今まで集めた書類をアップロードして、大学を選んで、審査料を払う直前までを解説しています。長い道のりのように感じますが、避けては通れない道なのです。
uni-assist

ドイツ国立大学出願の山場!uni-assistの審査を乗り切ろう① アカウント作成

ドイツの国立大学に出願するとなると、出願書類を審査する機関「uni-assist」に提出して、自分の書類が不備なくすべて有効なものかを判断してもらわなければいけません。全5パートに分けてがっつり解説するので、困ったときはここを見てください!
出願準備

ドイツの国立大学に出願するにあたって必要な書類一覧

このページでは、ドイツにある学術系大学の学部に正規学生として応募する場合に必要とされる書類の一覧を紹介しています。出願書類として多くの大学で要求されうるものに関しては、各記事へのリンクも貼り付けていますので、詳細はそちらでどうぞ。
出願準備

甘く見ちゃいけない!ドイツの大学志望動機書の書き方

ドイツの大学は出願者に志望動機書を要求してきます。ぶっちゃけ根詰めてがっつり書くというものではないですが、手を抜きすぎると痛い目を見る可能性も捨てきれません。なので、最低限、ここは押さえとこうというポイントを簡単に紹介しておきます。
タイトルとURLをコピーしました