ドイツ語試験

ドイツ語試験 ドイツ語試験

ドイツの大学に出願するときに有効とされる、ドイツ語能力証明のための語学試験4種類を紹介しています。日本で受験可能な”Goethe-Zertifikat C1″と”TestDaF”、ドイツにいると視野に入ってくる”telc”と”DSH”に大別されます。

ドイツ語試験

TestDaF デジタルテスト 解説と対策 聴解編

TestDaFがデジタル形式になり、日本でもペーパーから移行したのでどのパートも少しずつ解き方や対策方法が変わっています。今回は2番目の聴解パートに関して解説しています。
ドイツ語試験

TestDaF デジタルテスト 解説と対策 読解編

TestDaFデジタル形式の問題構成、回答方法について解説します。従来のペーパー形式と比べて回答方法にいくつか違いがあり、読解パートは会話の次に攻略法を変えないといけないと思ったので、ぜひ参考にしてください。
ドイツ語試験

TestDaF ペーパーテスト 解説と対策 会話編

TestDaFペーパーテストの最後、会話パートの解説と対策です。大学の生活を彩るいろんなシーンを想定した7つの問題がどんなものか、過去の記憶とその時使っていた教材をもとになるべくわかりやすいように書いてみました。受験にあたって後悔のないように参考にしてくれたらうれしいです。
ドイツ語試験

TestDaF ペーパーテスト 解説と対策 作文編

ドイツ語試験TestDaF、ペーパー版作文問題の解説と対策になります。自分のオリジナリティを優先するよりは、TestDaFからの要求に応えた上で、自分の結論とその論拠が読み手に分かるように書くのが優先です。練習では自分が書いた文章をじっくり見直すのもお勧めです。
ドイツ語試験

TestDaF ペーパーテスト 解説と対策 聴解編

ドイツ語試験TestDaF、ペーパー版聴解問題の解説と対策になります。問題を解くペースは、基本的にオーディオに従うことになりますが、それでも問題文と本文から取得できる情報を試験時間内にできるだけ増やせるように、しっかり準備していきましょう。
ドイツ語試験

TestDaF ペーパーテスト 解説と対策 読解編

ドイツの大学を受けるにあたって、ドイツ語能力の証明になるテストのうちの一つ"TestDaF"。4つあるうちの読解パートがどんな感じなのか、またどうやって解いていけばいいのかを、受験した僕の視点から解説します。
ドイツ語試験

TestDaF デジタル形式ってペーパーとどう違うの?

ドイツの大学に正規留学するにあたって、TestDaFは多くの人が受験するドイツ語の試験です。2021年11月24日、東京ゲーテにて日本で初めてデジタル形式での開催になります。今回はデジタルのTestDaFってどんなのっていうテーマで、ペーパーとの違いなども盛り込んで記事を書きました。
ドイツ語試験

ドイツの大学が認めるドイツ語の資格試験② 自主勉が得意ならこっち「TestDaF」

ドイツの大学に出願するのに必要なドイツ語試験の一つである、TestDaFについて解説しています。日本でも受験可能なので、ゲーテインスティテュートの語学試験と同様ばっちり準備ができます。
ドイツ語試験

ドイツの大学が認めるドイツ語の資格試験③ ドイツの大学が自主制作する「DSH」

ドイツの大学に入学するために必要なドイツ語試験の一つ、「DSH」について解説しています。既にドイツにいて、大学に入りたいと思うなら、DSHは間違いなく受験するテスト候補の一つに数えられます。
ドイツ語試験

ドイツの大学が認めるドイツ語の資格試験① ゲーテのコースでしっかり準備「Goethe-Zertifikat C1」

日独文化交流機関、ゲーテインスティテュートでは、ドイツ語普及の目的でドイツ政府公認の語学試験を開催しています。その中でも、ドイツの大学に出願するのに必要な「Goethe-Zertifikat C1」について解説しています。
タイトルとURLをコピーしました