ドイツの大学が認めるドイツ語の資格試験② 自主勉が得意ならこっち「TestDaF」

ドイツ語試験

以前の記事で、ヨーロッパで使用されている言語習得の基準、CEFR(GER)について、そして外国人がドイツの大学へ留学する際に語学資格として認められるドイツ語試験について解説しました。

今回は、日本でも受けられるドイツ語試験、「TestDaF」についてです。

世界規模のネットワーク

TestDaF(Test Deutsch als Fremdsprache)はゲーテインスティテュートと並んで、世界規模でヨーロッパ言語の普及に取り組むヨーロッパ言語試験機関協会(Association of Language Testers in Europe: ALTE)の一員として認められているTestDaFインスティテュートが主催する、外国人対象のドイツ語テストです。

ゲーテよりもネットワークが広く、ドイツ国内はもちろん、世界中の大学や語学学校でも受験することができます。こちらのフライヤーからも分かるように、TestDaFの運営は、特に学生にアピールしているようで、ゲーテの試験よりも学生向けという印象を持ちやすいかと思います。

2020年10月からはデジタル形式の試験も

TestDaFは、これまで指定の試験会場で読み、書き、リスニングは記述形式、会話は会場の視聴覚室などでの音声吹込みでの受験のみが可能でした。

しかし、2020年10月22日、それだけでなくTOEFLなどの語学試験のようなコンピューターに入力する形式での受験スタイルがリリースされます。こちらのテスト結果も、これまでの記述式と同様の基準で採点され、ドイツの大学に要求される基準を満たした成績ならばそれで出願可能です。

これにより、試験日程と受験可能な場所が日本でも増えることが予想されます。また、コンピューター形式での受験ならば、受験してから結果が出るまでの時間にも変化が現れるとも告知されています。

これらの情報に関しては、日本で何か動きがあればこの記事に加筆する形でお知らせいたします。

日本なら東京ゲーテと埼玉の獨協大学

日本ではゲーテの東京オフィス、埼玉の獨協大学で受験可能です。(2020年9月現在) 申し込みはTestDaFのホームページを通してご自身ですることになります。

試験日程は逐一チェック!

注意して欲しいのは、TestDaFで公開されている日程全てを日本で受験できるわけではないということです。ホームページで日程を確認すると、1年間で6回TestDaFが開催されています。ところが、ゲーテの東京オフィスに載っているTestDaFのスケジュールを確認すると、6回もないんです。

もう一つの会場である獨協大学の案内ページも見てみたところ、そちらでは2020年の場合6月と11月の2回しか開催されないとのことでした。本年度だけで判断すると、合わせて年5回。その各日程で、どちらの会場も解放されているということはありませんでした。

2020年度11月、獨協大学で開催予定だったTestDaFは、コロナウイルス感染拡大を懸念して中止されています。

実質一つの日程でゲーテの東京オフィス、獨協大学どちらか一つの会場のみで受験可能ということになります。(2020年9月現在)

「この日程で、ここで受けたい!」と思っても、会場の都合上できない可能性があるので、事前に自身のスケジュールと照らし合わせて計画を建てましょう。

余談ですが、僕は受けたい日程で日本で開催されていなかったので、一度TestDaFのために台湾の高雄に飛びました。そこまでして受けたのに落ちてしまったときの脱力感は、ある意味何物にも代えがたい気持ちでしたね…orz。

申し込み料金も安くないのに、飛行機やらホテルにもお金を使うことになるとは、当時のしめじには知る由もなかったのだ。

時間配分は会話が多め

TestDaFもゲーテのテストと同様に読解(60分)、聴解(40分)、作文(60分)、会話(35分)の4項目が設けられています。作文と会話の試験の間に、オーディオルームに移動しますが、こちらの会話の試験はヘッドホンから流れる音源を聞いて自分の答えをマイクを通して個別に録音する形なので、受験者全員が一斉に始めることができます。

合格基準

TestDaFは試験結果を独自の基準で設定していますが、CEFRとしっかり紐づけされています。

成績として認められるのは、TDN3、4、5(最高評価)、そういった記載が試験結果にないと成績なし=不合格扱いになります。ドイツの大学に出願するには、基本的には各項目でTDN4以上が求められ、4を取ると、B2以上C1未満の能力が認められます。

むしろ多くのドイツの大学のホームページには出願条件として「CEFR/GERにおけるドイツ語C1以上、もしくはTestDaF各項目でTDN4以上」と記載されているので、TestDaFに関しては安心して受験してください。

あれ、TestDaFはC1に満たない成績でもいいの?と思われた方、半分正解で半分間違いです。結果から見れば、C1に届かなくてもドイツの大学への出願資格は得られます。だからと言って、受験中に「このくらいでいいよね」という基準が自分で分かるような難易度ではありません。やるからにはしっかり対策しましょう。

しめじ
しめじ

リアルにあと1ポイント、というところで落ちたことがありました…。

申し込み料金

受験料は国別に3段階に分かれています。ドイツと日本は同じ料金体系にいるようで、どちらで受験しても195€となっています。(2020年6月現在)

パスポートは試験当日まで有効なものを

TestDaFは申し込み時点でパスポートの情報を入力する必要があります。有効期限がテスト当日までカバーされていることを確認しておきましょう。入力した情報は、試験当日持参したパスポートと比較されるので、忘れないように。

対策方法

TestDaFの対策方法は、主催の教室での準備コースがない代わりに、模擬試験の冊子や、オンライン授業などホームページで複数公開されており、ゲーテより準備しやすいかな、と個人的に思います。

冊子、教材

ホームページ上の販売ルートはありませんが、書籍のISBN番号などが載っているので、これらの情報を基に本屋さんで模試5回分と問題集を注文することができます。(上から3番目以降)

もしくは、amazonなどのネットショッピングサイトで検索すると結構候補が出てきます。下の画像をクリックして、教材の一覧にジャンプしてください

TestDaF 教材候補(日本語表記)

オンライン授業

TestDaFのホームページでも斡旋している、Deutsch-Uni Online(DUO)という語学学習運営サイトがTestDaF用のコースを開設しています。

Deutsch-Uni Online

ダウンロード用の模試データ

TestDaFのホームページで2回分がダウンロード可能になっています。読解、聴解、作文、会話それぞれのセクションごとにダウンロードすることも、全部が一緒になったPDFをダウンロードすることもできます。また、ヒントや回答も用意されているので、先に自分でやってみて、後で復習するにも有効です。

TestDaF用に紹介されている教材の大部分は、Hueber社によるものなので、上記のどれもしっくりこなかった、という方は、Hueber社のサイトを直接覗いてみましょう。

マイナー言語の資格を受けるという現実

以上が、日本で受験できるドイツの大学公認のドイツ語試験です。日本で受験できると言っても、地方の方は東京や関西に出向かなければいけないのは変わりませんが…。それでもそんな気軽に、しかも語学試験のために海外に飛ぶ、なんてことができないのが実情だと思うので、受けるならしっかり準備しましょう!

ここまで読んでくださった皆さん、ありがとうございます!

別のブログも読んでいただけたらうれしいです。

んでは、また~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました